「想う」きもち。

今日は三ヶ月目の一日。
あいにくの曇り空で特にいつもと変わらない時間だったけど
ずっと一緒に過ごす穏やかな日。
そう、今ではこんな風にずっと一緒なんだよね。
未熟児で生まれた娘、誕生後直ぐにNICUの保育器へ。
抱く事も出来なくて保育器越しに見る姿がなんとも小さく見えたっけ。

f0219898_17352336.jpg


結局2週間の入院でお世話になったNICU。
毎日2度自宅から通いながら過ごす時間が待ち遠しくて楽しみで。
 でも凄く寂しくて。 一緒に居られない事に何度涙したことかな。
そんな時、母始めいつも気遣い思ってくれる友人たちから
「退院すればこれから先ずっと一緒だから、嫌でも寝たくてもね(笑)
  だから今は産後の体をゆっくり休めなさい」
なんて元気付けようと冗談交じりで励ましてもらって頑張れた。
今では本当にそんな幸せな毎日。

こんな風に、妊娠中から出産後、そして初めての育児に悩んだり
不安になったりの今も、
いつも私と娘を想ってくれる家族がいて友人がいて…
出産は人生最大の大仕事というけれど、その言葉通り出産を経験して
とても多くの事に気付く事が出来たし学ぶ事が出来た
何にも代え難い貴重な経験。

大きな事にぶつかった時、誰かを「想う」 「想ってくれる」
その本質が見えるものですよね。
娘との出会いで沢山の「想う」を感じて沢山の感謝を覚えました。
私もこれから先、「想う」を持てる大切な相手を大事に
そして「想ってもらえる」ような
母として、一人の女性としてしなやかでありたいと思う、
今宵も良い子で眠る娘のくれた穏やかな三ヶ月目の夜でした。

娘にもいつか大きくなったら沢山の誰かを「想う」事の出来る
そして「想ってもらえる」そんな優しい女の子に育ってくれたら
なんて思いを馳せて、今夜もおやすみなさい。
f0219898_2114489.jpg

[PR]
# by princess-diary | 2010-02-28 02:06

三ヶ月を迎えて

2009年11月27日。
ひと月早い出産、未熟児ながらも元気に生まれてきてくれた娘も
今日で三ヶ月。
1930グラムの小さな体。
両隣からは元気に「オギャーッ」と溢れんばかりの生命力で誕生を奏でる声
娘は看護婦さんにほどこされて精一杯のホェホェなんて、か細い声の第一声。
それでも私の隣に来てくれた時にはまずは何よりも五体満足な姿にほっと、
そして生まれてきてくれた喜びでありったけのありがとうの気持ち。

そんな娘も親の心配どこへやら
今では4850グラムとようやく平均体重の一番下にポチッとランクイン。
よくぞ頑張った、さすがは元気が取り得の母の子だ。

そんな無事な3ヶ月を記念して何か始めてみようかな
と、このブログを書き綴っていく事にしました。
娘の日々の歩みを一歩一歩、それと共に新米母も一緒にゆっくり一歩一歩
仲良く成長しようね、愛しい娘。
ちなみにそんな本人はゆっくりスヤスヤ夢の中。
  今日も沢山の温かい気持ちをありがとう、そして3ヶ月おめでとう。
f0219898_233152.jpg

[PR]
# by princess-diary | 2010-02-27 02:33